体型別!コレステロールを下げる運動の種類や強度の選び方

れまでの運動や生活習慣から筋肉のつき方や骨格など人によって様々です。皆が同じように運動するとケガをしたりキツ過ぎて妥協する原因になったりします。人によって物足りなくて辞めてしまう場合もあるでしょう。これから、自分に合った運動を取り入られるように紹介していきます。

みんなが同じような運動をやってはいけいない理由

みんなが同じようにやってはいけない理由は、同じ運動をできる人もいれば息切れをしながら運動する人もいます。これでは、コレステロールを下げるには非効率になります。なので、自分にあった環境で自分にあった体力で運動を選んだ方がいいのです。

また、ここ最近では、時間がなく、運動する時間もない為苦労しています。ジムに通う時間や経済的にお金はかけたくない人もいます。運動にお金を使いすぎては、大切な食事を削ってしまうと、コレステロールが効率的に排出できなく時間と労力が必要になってしまいます。

運動していない状況でコレステロールを下げたいからと突然、やる気が満ちてランニングや筋肉トレーニング、昔の趣味である球技などのスポーツを再開してしまうとほとんどの場合は、ケガをしてしまいます。始めは、違和感からですがコレステロールを下げたいからとモチベーションが高いので無理をして筋肉系のトラブルや関節のトラブルに見舞われてしまします。

ふくよかな方の場合は、ウォーキングでも膝や腰に大きな負担となります。初めの方は順調に進んでいても途中で怪我をして元のコレステロールが悪化するような生活に戻ってしまう可能性が高くなりますのでやめましょう。

膝・腰に問題がある人が行う運動

膝や腰に違和感がある場合には、初めに行う運動で重力に逆らうような運動は好ましくありません。膝や腰に違和感や痛みがある場合は、病気を除いて筋肉がないか柔軟性がない為に起きてしまいます。

この場合は、ヨガが効果的です。

ヨガは、柔軟性に効果がると思われている方がいらっしゃいますが、ヨガは筋肉トレーニングにもなります。ヨガには、呼吸を大切にしながら行う為に有酸素トレーニングになりますのでとてもオススメです。ヨガの効果は、筋肉の向上と柔軟性です。

また、体の歪みや痛みを和らげる効果もあります。右膝だけの痛みなどで左側に負担がかかっている状態でも元に戻していくことができます。これは、筋肉が緩んで本来の場所に関節や筋肉が戻っていることで負荷が分散されて同じ動きでも痛みがでにくくなるからです。

どんどん動きたい人の運動

どんどん動きたい人には、水泳をオススメしています。水泳は、有酸素トレーニングの一つで体の関節に負荷がかかりいくといわれています。水泳は、消費カロリーも非常に高いので体脂肪の低下にも非常に効果的です。

泳げないからできないという方は、水中を歩くだけでも構いません。陸地を歩くよりもカロリーの消費も高い上に浮遊力もある為、関節にかかる力もほとんどかからなので膝や腰に問題がある人もできます。

しかし、プールや海、川が近くにない方もいますしお金がかかるのはデメリットです。

その場合は、芝生や砂浜など地面が柔らかい所で歩くようにしましょう。もちろん、関節の違和感や筋肉が痛む場合には、辞めたほうがいいですね。その時は、ヨガをして痛みが和らいだらウォーキングを再開しましょう。

結論

運動を行う前に自分の体力や動きがどこまでできるのかを把握することが大切です。その中で、自分にあった運動を選んでいきましょう。

まずは、ヨガを取り入れてからしっかりとウォーミングアップをした上でウォーキングや水泳をしていき、慣れてきたら強度をあげてスポーツするのもいいですが、無酸素運動が多くならないように気をつけましょう。