筋肉を作る働きのある卵。コレステロールが気になる人は食べない方がいいのか

卵はコレステロールを多く含むため、コレステロールが気になる人は食べない方がいいとか、もしも食べる場合は1日1個までなどと言われてきました。

ですが最近の研究により、卵とコレステロールの関係が解明されたようです。卵は本当に食べない方がいい食材なのでしょうか。

完全食と言われる卵

卵が完全食と言われていることをご存じでしょうか。卵にはさまざまな栄養素が豊富に含まれており、ビタミンCと食物繊維以外のほぼすべての栄養素を持っていると言われています。

そんな栄養豊富な卵は、筋肉を作るために非常に重要な働きをしてくれる食材でもあります。筋肉を作る栄養素といえばズバリ!タンパク質です。卵はタンパク質豊富な食材であるため、運動をする際、摂取することで質のいい筋肉を作ることができます。

卵がコレステロールを増加させるって本当なの?

卵はコレステロールを増加させるため、コレステロールを気にしている人は食べてはいけないという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

コレステロールは私たちの体に必要不可欠な成分ですが、悪玉コレステロールの増加は、動脈硬化などの危険な病気を引き起こすリスクをアップさせると言われています。そんな悪玉コレステロールを増加させる食材として、卵がリストアップされていました。ですが、事実は少し違うようです。

確かに卵にはある程度のコレステロールは含まれていますが、卵によって血中コレステロール濃度がアップすることはなく、1日1個までしか食べてはいけないなどの話にはなんのエビデンスもないと言われています。

卵を食べると血中コレステロール濃度が上がる。は大間違い」(JA全農たまご株式会社)

卵のコレステロール悪玉説」(一般社団法人 食品分析開発センターSUNATEC)

高LDL(悪玉)コレステロール血症と診断されている人や、医師からなんらかの理由で食べるのを制限されている人など以外は、卵とコレステロールの関係は気にせず食べていいのです。