筋トレ大好きの男子が教えるカンタンコレステロールを下げる運動マニュアル

コレステロールには、2種類のコレステロールがあり、善玉コレステロールと悪玉コレステロールと呼ばれます。「健康診断でコレステロールが高い」と言われるのは、悪玉コレステロールの値が高い可能性が大きいです。

では、悪玉コレステロールが高い時に言われる、食事生活の改善と運動習慣の見直しは、どのように行えば悪玉コレステロールを減ラスことができるのでしょうか?

どのような運動したらいいのか?これが私にあっているのか。そして、いつまで、続けたら効果がでるのかについて、解説していきたいと思います。

▶ 関連サイト LDLコレステロールを下げる方法をまとめました
運動方法だけでなく、サプリメントや食事の対策についても解説しています。

1.意外に簡単にできる運動

運動といわれると若いころのように走って、汗をかいて息切れをして頑張るというイメージが強いですが、コレステロールを下げるには、そのような運動は必要ありません。無理に動いてしまってケガをしたり、長続きしないキツイ運動の計画を立てる必要もありません。
悪玉コレステロールを下げるために必要なのは、血流を良くして全身を温めていくことが必要なのです。
まずはここから!いちばん簡単な運動の解説を読む

2.3日坊主でもできる運動の取り入れ方

何を始めてもすぐにやめてしまう。これは、多くの人に当てはまると思います。普段の生活に変化をもたらすことは大きなパワーが必要となります。そのような大きなパワーが必要な時は、危機に面している時くらいにしか出てこないと思われます。

健康診断で言われたレベルだと悪玉コレステロールが高いと言われても、そこまで危機に面しているような事とは思いもしません。なので、すべてを変えるのではなく日常生活に運動する習慣を取り入れる為の気づかせる運動の取り入れ方をしていく必要があるのです。
続けやすい運動の解説を読む

3.運動の強度を上げたら逆にコレステロールが上がる

運動しているのにコレステロールが上がる人が中にはいます。なぜ?と思うかもしれませんがこれは、運動の強度が強すぎるためです。」

運動の強度を上げると時には、必ず強いストレスが体にかかります。そうすると、ストレスに対抗する為にホルモンが放出されます。このホルモンが原因でコレステロールが上がっているのです。
コレステロールを上げてしまう運動の解説を読む

4.運動しながら積極的にとる食事は?

コレステロールを下げるには、避けては通れないのが食事です。コレステロールの80~90%以上は排出しやすい状況にあります。

これを再吸収させずにどれだけ排出できるかがカギなのです。これを、行うためには、食事の栄養素をしっかりと把握してとる事で運動の効果も大きくでやすくなります。
コレステロールを下げる食事の解説を読む

5.どのくらいの期間で効果がでる?

コレステロールは、数時間から採血の結果が変化してしまうものです。しかし、正常値まで戻すには、それなりに時間が必要となります。しかし、ずっとやみくもに頑張り続けるのはとても難しいものです。

しっかりと、目標の期間を決めて、これまでの過ごし方を振り返る日を設けることが大切です。
運動の効果が出る期間についての解説を読む

6.体型を考えた運動の選び方

体が大きなひとや運動をまったくやっていなかった場合に運動習慣化するとほとんどの場合、筋肉や関節に負担が大きくかかりケガをしてしまいます。

ケガをしてしまうとこれまで運動してきた習慣も途切れ、下がり始めていたコレステロールも止まってしまうかもしれません。ケガをを予防しながら続けていく事がとても大切なのです。
体型別のおすすめ運動の解説を読む

7.結論

コレステロールを下げるには、運動と食事の両方が必要なのはご存じだったと思いますが、ここまで運動が楽にできて、期間も長くないことも知れたことは、大きなモチベーションの向上に役立てられたでしょうか?コレステロールが高いだけの時期に取り組むことは、大きな病気の芽を摘む大切な行動です。コレステロールを下げるつもりの行動が糖尿病や血管の病気を未然に防ぐ大切な行動なのです。